コスパで選ぶ!激安プリンター インク通販ランキング

LINE UP

  • 1評価:★★★★★

  • 2 評価:★★★★★

  • 3 評価:★★★★

HOME > コスパで選ぶ激安プリンター > プリンターの故障や買い替えでインクが余った場合

プリンターの故障や買い替えでインクが余った場合

低価格のインクを使うことで、プリンターのランニングコストは大幅に削減できますから、近年ではリーズナブルな互換インクやリサイクルインクが人気になっています。
様々なサードパーティーから多彩な格安インクが販売されているため、幅広い選択肢がある点も魅力です。
ただし、選択肢が多いだけにどこで購入すれば良いのか迷う場合も少なくありませんが、もしもそんな時は、このランキングサイトをチェックしてみてください。
低価格で高品質な互換インクやリサイクルインクの通販サイトがランキングされているので、注文先を選ぶにはピッタリです。
各通販サイトでは、紙の繊維に馴染んで発色の良い染料インクや、耐光性に優れ、劣化にも強い顔料インクなど、多彩なタイプのインクカートリッジがいろいろ販売されています。


インクカートリッジにヘッドが付いているタイプを除き、大抵のプリンターは電源を入れることでヘッドクリーニングを自動的に始めます。
正常な印刷能力を維持するためには必要なことではありますが、インクを使ってクリーニングを行うのが難点です。
そのほかカスレなどの発生により、任意でヘッドクリーニングを実行する場合でもインクを使います。
ですから、できればインクは幾つかストックしておくのが理想的です。
しかし、プリンターの故障や買い替えなどで、ストック分の予備インクが余る場合も多々見られます。
同じインクカートリッジを使うプリンターに買い替えるなら良いのですが、そうでない場合は確実に無用の長物となってしまいます。
そこで、余った予備のインクは、売却して現金にするのが得策です。


余ったインクの売却方法は主に2つあり、1つはリサイクル業者に買い取ってもらう方法で、もう1つはネットオークションに出品するといった方法です。
ただし、前者は手軽に現金化できる反面、買い取り金額が低い傾向もあります。
という訳で、少しでも高く売りたい場合は、ネットオークションがおすすめです。
そして出品する際のコツですが、インクの使用期限をシッカリ明記しておくことです。
この情報を曖昧にしますと、落札後にトラブルを招く原因にもなりかねませんので、使用期限が迫っている時は特にその点をアピールしておきます。
オークションですから、いくらで落札されるかは運の要素が強く、スグに入札者が現れない場合もあります。
ですが高く売れるチャンスもありますので、魅力的な売却方法と言って良いでしょう。

PAGE TOP