コスパで選ぶ!激安プリンター インク通販ランキング

LINE UP

  • 1評価:★★★★★

  • 2 評価:★★★★★

  • 3 評価:★★★★

HOME > コスパで選ぶ激安プリンター > プリンターのインク詰まりを予防する方法とは

プリンターのインク詰まりを予防する方法とは

家庭で使うプリンターは便利になってきており、インク詰まりの頻度も減って来ています。
年々品質が向上してきてますの、よりハードな使い方をする傾向にあります。
トラブルの頻度は減ってきているとはいっても、長い期間使わずに放置していると、印刷した文字がかすれたり、全く印刷できない状態となる場合があります。
急いでいるときには焦りますし、できることならすぐに使える状態にしておきたいところです。
そこで、インクの詰まりを予防することができたら嬉しいですね。
簡単にできる歩法をまとめていきます。
プリンターを使わないときでも、定期的に電源を入れてみることをお勧めします。
立ち上がりの際にヘッドクリーニング機能が実行されますので、自動的にメンテナンスを行っていることになります。
このとき、ヘッドのが所定の位置に戻るまでに、多少の時間がかかりますので、せっかちにオノフを繰り返すのは避けてください。
インクが乾燥しやすい位置で止まってしまうことを避けたいというのが理由です。



プリンターのインク詰まりを解消するならこれ

一般家庭用プリンターのインク詰まりは、製品トラブルのうちでも悩みのタネです。
いざ使おうとすると、全く印刷できなかったり、かすれが生じて使い物にならない状態となってしますことがあります。
長い間使わずに放置していると、ヘッド周りのインクが乾燥して、正しく印刷されない状態となっているからです。
本体に装備されているメンテナンス機能を駆使することで、トラブルに対処できる場合がありますので試してみる価値はあります。
例えば、ノズルチェックパターン印刷をすることで、どの色が出なくなっているかを調べることができます。
正しく印刷できていない色は、詰まりを起こしていると考えることができます。
対処方法には、ヘッドクリーニングを実施するのが王道です。
大量のインクを消費しますので、マニュアルに書かれている推奨回数に留めておくことを推奨します。



プリンターのインク交換をしても印刷できない場合

プリンターは大変便利ですが、エラー表示に悩まされてしまう場合があります。
ヘビーユーザーにとってみると、インクの交換を知らせる表示が点灯したときなどです。
残量が少ないと表示されたので、メーカー純正のカートリッジと交換したのに、交換や残量なしの表示が消えない場合があります。
新品に交換後であっても、印刷できない症状への対処方法を見ていくこととします。
2chなどの情報掲示板においても、同様の書き込みを見ることができますので、対処方法をまとめておくことは意義があると考えます。
尚、互換品が格安で販売されていますが、万が一粗悪品を使用してしまうとトラブルの原因となりますので、ここでは純正品を使っていることを前提とします。
交換しても正しく動作しない場合は、手順のどこかにミスがある可能性がありますので、もう一度見直してみましょう。
シールが上手く剥がれていない、カチっというまでカートリッジが装着されていない等が代表的な失敗例です。

PAGE TOP